料金が安くても通信速度の遅い格安SIMは避けよう!

料金が安くても通信速度の遅い格安SIMは避けよう!

キャリアと比べると格安SIMはどうしても通信速度が遅くなってしまうのですが、格安SIMのなかでも通信が速いものと遅いものがあります。
格安SIMの通信速度はその業者が設備投資にどれだけのお金をかけているかということや、実際の利用者の数にもよるので状況は日々変化します。
そのため、以前は遅いと言われていた格安SIMが別のタイミングで通信速度を計測すると早くなっていることもありますし、もちろん逆のパターンも有り得ます。
では、通信速度が遅くて避けた方が良い格安SIMとはどのようなものでしょうか?

評判の悪い格安SIMが遅いとは限らない?

どんな格安SIMでも最初のうちは利用者が少ないので通信速度が早くなる傾向があります。
そして、通信速度が早いという噂を聞いて利用者が集まって来るのに従ってだんだんと通信速度が遅くなってくるのですが、ここで業者の対応が二つに分かれます。

一つは、ある程度の通信速度を確保するために回線を増強するなど設備投資をするパターンです。
こちらの場合は通信速度が早くなったり遅くなったりするので、複数のレビューサイトを見比べたときに評価が真逆になっていることもあります。
ですが、このような格安SIMは逆に言えば人気もそこそこあって、設備投資にもある程度コストをかけている優良格安SIMとも考えられるのです。そのため、一つのレビューだけで通信速度が遅い格安SIMと決め付けるのではなくて、複数のサイトを見比べる必要があります。

避けるべき格安SIMとは?

そして、もう一つの対応というのが設備投資にほとんどお金をかけていないのではないかと考えられるパターンです。
こうなると通信速度は一貫して遅いままなので、どのようなレビューを見ても遅いという評判が立っています。

このような格安SIMの一つに、ロケットモバイルがあります。
ロケットモバイルは業界最安値を謳った格安SIMを運営しているのですが、通信速度が芳しくないといわれています。通話機能付きSIMが3GBで1,400円というのは確かに最安値クラスといって間違いはないのですが、料金が安いということはどこかでコストを削っているということです。
料金が安く、通信速度がずっと遅いままということは設備投資にあまりお金をかけていない可能性が考えられますよね。通信速度があまりにも遅いと軽いサイトを閲覧するのにも時間がかかってストレスを感じてしまいます。だから、格安SIMを選ぶ際には最安値のものよりもそれより若干値段が高いぐらいのものを選ぶ方が、実際に使うことを考えると良いかもしれません。

DMMモバイル楽天モバイルといった格安SIMは、毎月の利用料金の安さが有名ですが、通信速度もある程度早いといわれています。
このように、「安さ」を基準に格安SIMを選ぶにしても、どれぐらいの通信速度が出るといわれているかということも一つの基準にすることをおすすめします。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめの格安SIMカード


最近の記事

  1. Apple iphone6s
    Apple iphone6s【docomo】東京都20代男性(kotikame62さん)の口コミレビュー
    2016/01/01にdocomoでAppleのスマホ「ip…
  2. Sony Xperia XZ
    Sony Xperia XZ【Softbank】大阪府30代男性(べすさん)の口コミレビュー
    2017/02/01にSoftbankでSonyのスマホ「X…
  3. 京セラ rafre kyv40
    京セラ rafre kyv40【au】大阪府40代女性(mikitamachanさん)の口コミレビュー
    2017年6月(1ヶ月)にauで京セラのスマホ「rafre …
  4. Apple iPhone6s
    Apple iPhone6s【ソフトバンク】北海道30代女性(里奈さん)の口コミレビュー
    2016年7月(1年)にソフトバンクでAppleのスマホ「i…
  5. SONY Xperia Z4
    SONY Xperia Z4【ドコモ】北海道20代女性(たっそさん)の口コミレビュー
    2015/09/01にドコモでSONYのスマホ「Xperia…