低速無制限プランがある格安SIM

低速無制限プランがある格安SIMまとめ

格安SIMのプラン名にある3GBや5GBというのは、その数字の分だけ高速データ通信を毎月利用できるということです。
高速データ通信を使い切ってしまうと低速通信に切り替わってしまうのですが、格安SIMによってはこの低速通信のみの利用を申し込むことができます。
今回は、低速無制限プランを取り扱っている格安SIMをまとめてみました。

低速無制限プランを取り扱っている格安SIM

楽天モバイル

楽天モバイルのベーシックプランではデータ通信SIMで月額525円、音声機能付きSIMなら月額1,250円で利用することができます。
ベーシックプランでは最大200kbpsの回線を無制限に利用することができます。
楽天モバイルは楽天カードで支払うことで楽天スーパーポイントを受け取ることができるので、格安SIMを更にお得に使えるのが魅力といえます。

DMMモバイル

DMMモバイルのライトプランではデータ通信SIMで月額440円、音声機能付きSIMなら月額1,140円で利用できるのですが、DMMモバイルのライトプランではバースト通信機能が使えるのが大きなポイントです。
バースト通信機能とは、最大200kbpsの低速通信でもはじめの一定量だけ最大375mbpsの高速通信を利用できる機能のことです。低速通信だけではちょっとしたテキストサイトを読み込むだけでも時間がかかってしまうのですが、バースト通信機能があればテキストサイトだけでなく、軽めの画像を含むサイトなども短時間で開くことができます。
そのため、低速無制限プランを利用する場合は、できるだけバースト通信機能が搭載されている格安SIMを選ぶことをおすすめします。

低速無制限プランはどのような方におすすめ?

最大200kbpsまでの低速通信でも、メールやテキストのやりとり程度であれば問題なくできるのですが、画像や動画を快適に見るのは難しいです。
また、バースト通信機能があるDMMモバイルのような格安SIMでも、複数の画像になると短時間の高速通信では追い付かなくなってしまいます。
そのため、低速無制限プランの格安SIMはデータ通信SIMをサブのスマホで運用するというような使い方がおすすめです。

メインのスマホのバッテリーを節約するために、ラジオや音楽のストリーミング配信などをサブのスマホで楽しむというような使い方ができるのが低速無制限プランのおすすめポイントです。
逆に、低速無制限の格安SIMのみでスマホを使うとなると、インターネットで情報を調べたり地図アプリで現在地を調べたりするのにもかなり時間がかかってしまうので注意が必要です。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめの格安SIMカード


最近の記事

  1. Apple iphone6s
    Apple iphone6s【docomo】東京都20代男性(kotikame62さん)の口コミレビュー
    2016/01/01にdocomoでAppleのスマホ「ip…
  2. Sony Xperia XZ
    Sony Xperia XZ【Softbank】大阪府30代男性(べすさん)の口コミレビュー
    2017/02/01にSoftbankでSonyのスマホ「X…
  3. 京セラ rafre kyv40
    京セラ rafre kyv40【au】大阪府40代女性(mikitamachanさん)の口コミレビュー
    2017年6月(1ヶ月)にauで京セラのスマホ「rafre …
  4. Apple iPhone6s
    Apple iPhone6s【ソフトバンク】北海道30代女性(里奈さん)の口コミレビュー
    2016年7月(1年)にソフトバンクでAppleのスマホ「i…
  5. SONY Xperia Z4
    SONY Xperia Z4【ドコモ】北海道20代女性(たっそさん)の口コミレビュー
    2015/09/01にドコモでSONYのスマホ「Xperia…